薬剤師@記事一覧

お子さんから高齢者まで、「薬の服用をしたことがない」という方は、ほとんどいらっしゃらないのではないでしょうか。薬は、『開発する人』『製造する人』『処方する人』の段階がありますが、その全てで薬剤師が関わっています。薬剤師は薬学の専門家ですので、薬の安全性に責任を持って取り組んでいます。最も身近な薬剤師として、医師の処方箋に従って薬を処方する薬局勤務の薬剤師がいますね。ですからほとんどの方が「薬剤師は...

薬剤師が飽和状態になるという説がありますが、実際の求人状況はどうなのでしょう。実は“飽和状態”の心配をよそに、現在も求人は増加し続けています。日本特有の少子高齢化社会が医療の需要を増やしている状況の中で、伴って薬剤師の需要も増えていると言えますね。医療機関では医薬分業が当たり前になっており、大手ドラッグストアは広く事業展開をし店舗を増やしています。さらに製薬会社では新薬開発に力を注ぎ、治験コーディ...

薬剤師の就職先として最も多いのは調剤薬局です。調剤薬局の業務は、医師の処方箋に従って薬を調剤することが主な仕事となります。一般的なドラッグストアでは、OTC(市販薬)や日用品、化粧品や食料品などの販売が主な仕事で、医療機関で処方される医薬品の販売は行っていません。ただし、最近では処方箋を受け付ける調剤薬局が併設されている場合もあります。ドラッグストアで販売されているOTCは3種類に分けられます。第...

薬剤師の多くは、閉鎖的な空間で業務をこなしています。さらに、命に関わる重大な責務を担う薬剤師のストレスは計り知れません。特に管理薬剤師という立場になれば、多岐に渡る業務や超過勤務に加えて激務であるため、疲労も蓄積されるでしょう。人様の健康に関与した仕事でありながら、自身の健康が後回しにならないように、ここでは薬剤師のストレスケアについてお話ししましょう。薬剤師は、薬が必要な病気やケガをした方のお相...

DI業務の“DI”は『Drug Information』の略で『医薬品情報管理』と訳されます。DI業務の主な仕事内容は、医薬品の情報収集と管理となります。【自社製品の情報】多くの医薬品を製造販売している製薬会社では、DI担当者が自社製品の情報を収集して『分類』『保管』『管理』を行ないます。問い合わせなどの必要に応じて、直ちに情報を提供するためにすぐに取り出せることを目的としています。【新開発の医薬...

薬剤師は国家資格です。薬科大学に6年間通って、国家試験を受験し、合格すれば薬剤師の資格を得ることができます。そこまで大変な思いをして取得した資格ですが、実際に薬剤師として働くとまた別の大変さがあります。薬剤師は、薬の調剤が主な仕事です。人の命にも関わる仕事なので、より正確で几帳面であることが求められます。ちょっとのミスも許されません。非常に神経を使う仕事です。また、患者さんやスタッフとのコミュニケ...

かかりつけ薬剤師制度は、2016年4月よりスタートした新制度です。かかりつけ薬剤師は、薬の服用や管理を始め、体調や食事管理なども含めた健康に関する全てが相談できる特定の薬剤師のことです。このような薬剤師を一人持つことができるのが、『かかりつけ薬剤師制度』です。かかりつけ薬剤師制度患者自身の選択で、服用している薬を把握してもらい、24時間対応で何かあった場合に相談することができ、アドバイスを受けるこ...

薬剤師になるためには国家資格を取得する必要があります。では、管理薬剤師とはどんな薬剤師のことを指すのでしょう。管理薬剤師とは、薬事法により医薬品の取扱いや製造販売を行う場所に必ず置くように義務付けられた存在です。しかし、実は管理薬剤師には特別な資格は必要ありません。管理薬剤師を募集していることがありますが、これは特別な資格があるわけではなく、薬剤師の資格を所持し実務経験が3年以上ある方が望ましいよ...

医薬品を取り扱う場所では、薬事法により必ず1人管理薬剤師を置くことを義務付けています。管理薬剤師になるためには、特別な資格は必要ありません。薬剤師の資格を持ち、実務経験が3年以上あることが望ましいとされていますが、離職率が高くなっている昨今では、薬事法の義務付けをクリアするために実務経験がほとんどない薬剤師がいきなり管理薬剤師になってしまうケースもあります。つまり、管理薬剤師になるための条件は、あ...

医薬品を扱うところには、必ず1人管理薬剤師がいなければいけません。これは薬事法で義務付けられていることなので、万が一、管理薬剤師がいない薬局が会った場合、医薬品の販売をすることはできません。しかし、管理薬剤師は1人しかいないという場合がほとんどです。となれば、気になるのは管理薬剤師の休日や勤務時間ではないでしょうか。実は、管理薬剤師の勤務時間には規定があります。『一週間あたり40時間の確保』と定め...

ドラッグストアは、ここ10年ほどで急増しました。薬事法では『医薬品を販売する店舗には必ず1人管理薬剤師を置くこと』と義務付けられています。そのため、ドラッグストアにも必ず1人管理薬剤師がいます。万が一、管理薬剤師がいない店舗があれば、医薬品の販売は薬事法で禁止されているため、売ることができません。管理薬剤師になるためには、特別な資格は必要ありません。薬剤師の資格と、3年以上の実務経験があることが望...

公務員薬剤師とは、薬剤師の資格と公務員資格の両方を取得していなければいけません。公務員薬剤師には、3つの働き方があります。・国家公務員薬剤師・地方公務員薬剤師・麻薬取締官ここでは、それぞれの仕事についてお話ししましょう。国家公務員薬剤師国家T種、国家U種の国家資格を取得した薬剤師です。国家公務員薬剤師は、薬の専門家というより厚生労働省など国の機関で薬事行政を担います。(例:薬事法の作成、薬の管理法...

公務員薬剤師は、公立病院・国立病院・保健所・都道府県庁などに就職できます。公務員薬剤師になるためには、薬剤師の資格だけではなく公務員試験にも合格しなければいけません。また、薬剤師の資格を持ち、公務員試験に合格しても、必ず募集があるというわけではありません。公務員薬剤師の利点としては、収入の安定ですね。不況と言われる昨今でも、公務員は安定した収入を得ておりますし、リストラもありません。また、薬剤師の...

地方公務員薬剤師は、地方公務員上級試験の薬学分野に合格し、都道府県、政令指定都市、市町村等で働くことができる薬剤師です。では、地方公務員薬剤師はどんな職場で働くことができるのでしょう。県立・国立病院等の医療機関県立・国立病院等の医療機関で働くことができます。業務は、医師の指示に従って薬を調剤したり、注射剤の管理や準備、医薬品の管理全般など、基本的には通常の病院薬剤師と同様です。比較的急性期に対応し...

オススメコンテンツ

薬剤師@
薬剤師A