薬剤師とは?

お子さんから高齢者まで、「薬の服用をしたことがない」という方は、ほとんどいらっしゃらないのではないでしょうか。
薬は、『開発する人』『製造する人』『処方する人』の段階がありますが、その全てで薬剤師が関わっています。
薬剤師は薬学の専門家ですので、薬の安全性に責任を持って取り組んでいます。

 

最も身近な薬剤師として、医師の処方箋に従って薬を処方する薬局勤務の薬剤師がいますね。
ですからほとんどの方が「薬剤師は薬を調合する人」というイメージをお持ちでしょう。
しかし薬剤師には、下記のような大きな社会的役割があります。

 

薬剤師法の第1条

薬剤師は、調剤、医薬品の供給その他薬事衛生をつかさどることによって、公衆衛生の向上及び増進に寄与し、もつて国民の健康な生活を確保するものとする。

 

薬には『医師の処方箋を基に薬剤師が調剤する薬』と『市販薬』があります。
薬剤師は、これらの薬に関して、説明・販売をし、相談に応じることが可能です。
また、化合物(有機化学や無機化学など)に関する基礎知識や、体内での薬の作用について、病気の知識やその治療法などについても知識を身に付けています。
さらに、学校での環境衛生管理、小中高校や県民の『薬物乱用防止活動』『禁煙運動の取り組み』『高齢者における薬の正しい使用法』などにも取り組んでいます。

 

このように薬剤師は様々な場所で、地域の人々のために幅広く貢献しています。
薬に関することや体調不良についての相談など、気軽にできる存在だと認識して良いでしょう。

気になる薬剤師の年収

薬剤師の年収は平均520万〜530万円程度です。
管理薬剤師になると年収600万円ほどになると言われています。

 

薬剤師の職場は幅広く、調剤薬局、ドラッグストア、病院、製薬会社、医薬品卸会社などがあります。
職場の種類や規模によって仕事の内容は変わり、収入も大きく変わります。
ですから就職する際にはよく考慮して選択しなければいけません。

 

ただし、経験が豊富で昇給を重ねた場合でも、管理薬剤師で年収700万円を超えるのは非常に稀なことです。
待遇の良いの求人はなかなかありませんし、募集人数が少ないため非常に狭き門となっています。
また、タイミングを逃すと悔しい思いもしますので、小まめにチェックすることも重要ですね。

 

収入が高い職場では、それだけ仕事量が多くなり、仕事内容も複雑になり、責任も重くなります。
就業先の管理薬剤師の仕事内容を把握し、医薬業界の知識も必要です。
簡単に考えず、よく考えて応募するようにしましょう。

 

調剤に関して経験が豊富な薬剤師が、製薬会社への就職をすることは難しいことです。
しかしその逆は可能ですし、薬剤師の活躍の場は非常に多くなっていますので、転職しやすい職種と言えるでしょう。

 

ただし、転職によって年収が下がってしまうケースも少なくありません。
大手製薬会社や大手チェーンのドラッグストアの管理薬剤師など、手厚い福利厚生と共に十分な収入を得ることができる職場では、責任も大きくなりますが見合った収入を得ることができるでしょう。

 

ブランクのある薬剤師が復職しようとしたら…こうなった!

オススメコンテンツ

薬剤師@
薬剤師A