管理薬剤師の休日と勤務時間

医薬品を扱うところには、必ず1人管理薬剤師がいなければいけません。
これは薬事法で義務付けられていることなので、万が一、管理薬剤師がいない薬局が会った場合、医薬品の販売をすることはできません。

 

しかし、管理薬剤師は1人しかいないという場合がほとんどです。
となれば、気になるのは管理薬剤師の休日や勤務時間ではないでしょうか。
実は、管理薬剤師の勤務時間には規定があります。
『一週間あたり40時間の確保』と定められており、これを基準に勤務体制が組まれます。
例えば、土日が休日となった場合、平日は8時間勤務が義務付けられます。
8時間×5日間=40時間、ということです。

 

実際に薬剤師が勤める職場で土日が休日のケースは、製薬会社か一般企業くらいでしょう。
ドラッグストアは定休日がない場合が多いですし、調剤薬局は隣接している医療施設の休診日にもよりますが、多くは日曜日と祝日は休みでも土曜日は営業日となっています。
さらに営業時間や診察時間などにより、勤務時間もそれぞれです。
ドラッグストアや調剤薬局では多くがシフト制となっており、管理薬剤師が不在の場合には薬剤師が管理を代行するという決まりもあります。
薬剤師不足が深刻な地域では、管理薬剤師の超過勤務や残業が問題視されているケースもあります。

 

製薬会社や一般企業であれば、土日祝日が休みで9時〜17時の勤務ということが多いでしょう。
残業をする場合もありますが、会社が休みになっていることで休日の確保はしやすいと言えますね。

管理薬剤師の収入

薬剤師の給料は、勤務している職場によって異なります。
最も高いのが『製薬会社』次いで『ドラッグストア』『調剤薬局』『病院』の順番になっています。

 

管理薬剤師は、薬事法により『医薬品を扱う場所に1人置く』ことが義務付けられています。

 

管理薬剤師の仕事

@従業員の管理監督、教育
A調剤や医療保険などの専門管理業務
B事業所全体の管理

 

管理薬剤師は全てにおいて責任を持って行う、言わば管理職のような立場です。
ただし、管理薬剤師には特別な資格は必要ありません。
薬剤師の資格を持って実務経験が3年以上あることが望ましいと言われていますが、実際には経験のない薬剤師を管理薬剤師として採用するケースもあります。
ドラッグストアなど薬剤師が一人の場合、その薬剤師が管理薬剤師となりますが、実際には調剤、商品の仕入れ、お客さんの対応など全ての業務を担うこととなります。
管理薬剤師は、医薬品に関してだけではなく保険や薬事法などの法律の知識も豊富でなければいけません。
また、従業員の管理育成や、製薬会社や医療機関との情報の共有など、高いコミュニケーション能力も要求されます。

 

管理薬剤師の役割は非常に大きいため、給料にはそれだけ手当が付与されます。
職場によって金額は異なりますが、月額4〜5万円が相場でしょう。
一般的な薬剤師の年収が520万〜530万円であるのに対して、管理薬剤師は年収700万程度だと言われています。

 

薬剤師の方は、管理能力とコミュニケーション能力を磨き、管理薬剤師を目指してはいかがですか。

管理薬剤師手当

管理薬剤師は薬剤師の業務以外にも管理業務を担い、責任あるポジションです。
ただし、その分、給料に反映され手当などで収入が上がります。
元々、薬剤師は比較的収入の良い職業ではありますが、管理薬剤師はその給料に管理薬剤師手当が加算されます。
月額平均3万〜5万円の手当がつきますので、年間30万円以上の収入が上がります。
職場によりますが基本給が上がる場合もあり、収入は確実に増えると言えますね。

 

また、管理薬剤師と兼務して薬局長や店長などリーダーの立場に就任することで、さらに収入は上がります。
この場合では、およそ10万円程度のアップが予想されます。
管理薬剤師手当や薬局長手当などがしっかり付くと、年収600万〜700万円程度になるでしょう。

 

ただし、職場によっては手当が一切付かない場合もあります。
管理薬剤師は特別な資格を持っているわけではないので、実は非常に曖昧な形になりやすいのです。
前任の管理薬剤師が退職して後任として管理薬剤師になったのに、手当が付かないままになっているという話しも実はよく聞くことです。

 

管理薬剤師として転職するときには、前以て詳細を確認するようにしましょう。

 

また、薬剤師として勤務している職場で勤務年数を重ねて、管理薬剤師に昇格される例も過去には非常に多くありました。
最近は、管理薬剤師に昇格する前に辞めてしまう方が多くなっているようで、昇格ではなく求人という形で管理薬剤師を募集するケースが増えています。
管理薬剤師を目指すのであれば、薬剤師としての経験を積みながら人間性を磨き、コミュニケーションスキルや管理能力を身に付けると良いでしょう。

 

ブランクのある薬剤師が復職しようとしたら…こうなった!

オススメコンテンツ

薬剤師@
薬剤師A