公務員薬剤師の働き方

公務員薬剤師とは、薬剤師の資格と公務員資格の両方を取得していなければいけません。

 

公務員薬剤師には、3つの働き方があります。
・国家公務員薬剤師
・地方公務員薬剤師
・麻薬取締官

 

ここでは、それぞれの仕事についてお話ししましょう。

 

国家公務員薬剤師

国家T種、国家U種の国家資格を取得した薬剤師です。
国家公務員薬剤師は、薬の専門家というより厚生労働省など国の機関で薬事行政を担います。
(例:薬事法の作成、薬の管理法案など)

 

薬剤師としてキャリアを積むことはなく、国家公務員の一員だと考えると良いでしょう。
国家公務員ですから移動もありますし、日本の薬事を支える仕事です。

 

地方公務員薬剤師

地方公務員上級試験の薬学分野に合格し、都道府県、政令指定都市、市町村等で働くことができる薬剤師です。
地方公務員薬剤師は、環境衛生評価や食品安全検査など行政に関与した仕事や、国立病院や国立研究所など、幅広い業務に就くことができます。
都道府県や政令指定都市、市町村等、自治体内で地域に根差した業務が多くなっています。

 

麻薬取締官

麻薬の取り締まりが主な業務になっている専門職です。
公務員試験を受ける必要はなく、麻薬取締官職の採用試験を受験します。
麻薬取締官は国家公務員でも地方公務員でもない公務員薬剤師の仕事です。
薬学の専門職ですが、特定の国家公務員試験に合格すれば薬剤師の資格を取得していなくても面接資格があります。

 

公務員薬剤師には、上記のような働き方があります。
薬剤師には様々な働き方がありますので、公務員薬剤師も視野に入れると良いですね。

公務員薬剤師のメリット・デメリット

公務員薬剤師には、国家公務員薬剤師、地方公務員薬剤師、麻薬取締官の3つの働き方があります。
ここでは、公務員薬剤師のメリット・デメリットについてお話ししましょう。

 

メリット

公務員薬剤師のメリットは、安定性と生涯年収の高さでしょう。

 

・安定性
薬剤師は資格職業として非常に安定した職業です。
そして、公務員であることでさらに安定感を増します。
解雇されることがなく、倒産もありません。
定期昇給が約束されているため、給料が下がる心配もないのです。

 

・生涯年収の高さ
公務員薬剤師は初任給が低いです。
しかし、定期昇給があり確実に年々昇給していくことが約束されています。
長く働くことで年収が上がり、年齢と共に収入も増えていきます。
また、産休育休などの福利厚生、扶養手当や住宅手当、年金や退職金も揃っています。

 

デメリット

公務員薬剤師のデメリットは、異動があることと薬剤師としてキャリアを積めないことでしょう。

 

・異動
公務員薬剤師は、病院や保健所などたくさんの部署に3年周期で異動します。
3年はあっという間ですので、慣れた頃には異動になってしまいます。
また、通勤に便利な場所であれば良いですが、不便な場所の場合もあります。

 

・薬剤師としてのキャリア
公務員薬剤師は、3年周期で異動となるため、専門的なキャリアを積むことができません。
薬剤師としてキャリアを積んで活躍したいと考えている方には、不向きかもしれませんね。

 

公務員薬剤師を目指している方は、メリットデメリットを考慮した上で検討してみると良いでしょう。

 

ブランクのある薬剤師が復職しようとしたら…こうなった!

オススメコンテンツ

薬剤師@
薬剤師A