ドラッグストアの管理薬剤師

ドラッグストアは、ここ10年ほどで急増しました。
薬事法では『医薬品を販売する店舗には必ず1人管理薬剤師を置くこと』と義務付けられています。
そのため、ドラッグストアにも必ず1人管理薬剤師がいます。
万が一、管理薬剤師がいない店舗があれば、医薬品の販売は薬事法で禁止されているため、売ることができません。

 

管理薬剤師になるためには、特別な資格は必要ありません。
薬剤師の資格と、3年以上の実務経験があることが望ましいとされています。

 

ドラッグストアでは、薬の調剤を行っていない店舗もあります。
そのような店舗での管理薬剤師の仕事は、一般医薬品や一部の日用品、ドリンク剤やサプリメントの管理が主な仕事となります。
ですから、一般医薬品に加えて、ドリンク剤やサプリメントについての知識も必要となります。
品質管理や在庫管理、お客様への説明や指導など、責任持って行います。
ほかにもスタッフの育成・指導やシフト作成など、従業員の管理も仕事の1つです。

 

ドラッグストアでは、医薬品以外の日用品や食料などの取り扱いがあります。
薬剤師以外の従業員もいますので、人間関係を円滑にする配慮も必要です。
さらに、ドラッグストアの客層は非常に幅広く、対応にも柔軟性が必要です。

 

このようにドラッグストアの管理薬剤師は、非常に多岐に渡った業務に当たらなければいけません。
管理薬剤師はそれだけ責任が重大ではありますが、遣り甲斐もあり年収も100万円程度アップするケースが多いようです。

パートでもできる?管理薬剤師

管理薬剤師は、薬剤師の資格以外の特別な資格は必要ありません。
薬事法で店舗に一人管理薬剤師を置くという決まりがあるため、例えば新卒で採用になっても薬剤師が一人しかいなければ管理薬剤師ということになります。
では、パートやアルバイトでも薬剤師の資格を持っていれば、管理薬剤師になることはできるのでしょうか。

 

それまで管理薬剤師だった人が、何らかの理由でパートやアルバイトになる場合があります。
例えば、出産育児休暇を取って一旦仕事を離れる場合もありますし、介護や家族の病気などで就業時間を短くしたいという方もいるでしょう。
そのような場合、管理薬剤師を辞めなければいけないのでしょうか。

 

管理薬剤師の仕事は、非常に責任重大ですし業務も多岐に渡ります。
医薬品に関する知識や、薬事法など法律の知識、商品の管理や保管、従業員の教育や管理など、コミュニケーション能力も問われます。
一方、パートやアルバイトは正社員に比べて柔軟な働き方ができますし、負担も少ないです。
管理薬剤師がパートでもできるかというと、確かに難しいかもしれません。
しかし、パートという雇用形態であっても雇用主が管理薬剤師として認めれば、パートの管理薬剤師も有り得ます。
短い時間の中で管理薬剤師としての仕事を全うするのは非常に大変なことではありますが、それだけ戦力として求められているということです。
雇用条件などについては、しっかりと話し合い、確認する必要がありますね。

 

ブランクのある薬剤師が復職しようとしたら…こうなった!

オススメコンテンツ

薬剤師@
薬剤師A