薬剤師の求人

薬剤師が飽和状態になるという説がありますが、実際の求人状況はどうなのでしょう。
実は“飽和状態”の心配をよそに、現在も求人は増加し続けています。
日本特有の少子高齢化社会が医療の需要を増やしている状況の中で、伴って薬剤師の需要も増えていると言えますね。

 

医療機関では医薬分業が当たり前になっており、大手ドラッグストアは広く事業展開をし店舗を増やしています。
さらに製薬会社では新薬開発に力を注ぎ、治験コーディネーターや臨床開発モニターの需要も増えています。
売り手市場と言われている薬剤師ですので、転職のチャンスも大いにあります。
経験者だけではなく、未経験の新採用でも求人は増加の一途を辿っています。

 

「これまでとは別のフィールドで仕事をしてみたい!」
「さらに経験を積んでキャリアアップしたい!」
そんな向上心のある薬剤師には、非常に良い状況にあります。
一時は『薬剤師は飽和の時代が来る』とも言われていましたが、当時は医薬分業や登録販売者制度の導入で薬剤師の求人が一時的に停滞していた時期でした。
しかし薬剤師不足の職種や地域が現在でもあり、当面求人が増え続けることは間違いありません。

 

もちろん、地域や職種によって状況は異なり、都市部では製薬会社などの薬剤師求人は多く、調剤薬局やドラッグストアでの求人は減っているのが現状です。
ドラッグストアや調剤薬局では、地方によっては都市部よりも高い給与を設定しているところもあり、薬剤師確保に必死です。
地方や職種によって違いはありますが、ほぼ増加傾向にありますので転職を希望する方は行動に移すときかもしれませんね。

薬剤師の転職

かつては転職することがマイナスになると考えられていました。
職を転々と変わるということに、良いイメージがありませんでした。
もちろんそれは、薬剤師であっても同様でした。
しかし現在は、薬剤師の転職に悪いイメージを持つどころか、転職することが当たり前になっています。

 

どんなに規模の大きな調剤薬局や病院に勤務していても、一つの調剤薬局で学べることには限りがあります。
業務に慣れれば処方内容の理解度もアップしますし、当然仕事も速くなります。
検査数値を把握したり病理知識も身に付いて、調剤周辺の知識もどんどん習得できるようになります。
しかし、薬剤師の仕事は、近隣の医療機関からの患者さんが処方箋を持って来ることが一般的で、使われる薬や処方の傾向もある程度限られています。
そうすると、ほかの調剤薬局に勤務した場合、どんなにベテラン薬剤師であっても習得したことが活かせません。
狭い範囲で経験を積んでも、それがキャリアだとは言えないのです。
ですから、キャリアアップを真剣に考えるのであれば、むしろ調剤薬局を渡り歩くことです。
どんなことを学びたいのか、何を身に付けたいのかを明確にして、転職先を決めると良いでしょう。

 

診療科が変われば、処方する薬も変わります。
未経験の分野が経験できる転職は、進んで検討してみるべきです。
経験値が高くなれば、選べる職場も増えるでしょう。

 

薬剤師の場合、一つのところで長く勤務するよりも、ある程度の転職経験でキャリアアップすることができるでしょう。

 

ブランクのある薬剤師が復職しようとしたら…こうなった!

オススメコンテンツ

薬剤師@
薬剤師A