薬剤師のストレスケア

薬剤師の多くは、閉鎖的な空間で業務をこなしています。
さらに、命に関わる重大な責務を担う薬剤師のストレスは計り知れません。
特に管理薬剤師という立場になれば、多岐に渡る業務や超過勤務に加えて激務であるため、疲労も蓄積されるでしょう。
人様の健康に関与した仕事でありながら、自身の健康が後回しにならないように、ここでは薬剤師のストレスケアについてお話ししましょう。

 

薬剤師は、薬が必要な病気やケガをした方のお相手をする仕事ですので、人一倍元気でいることが要求されます。
「疲れていてもストレスが溜まっていても、患者さんの前には笑顔で立ちます」という薬剤師は多くいます。
悩みやストレスを抱えて、解消するために思い切って転職をしても、現代はどんな職場でもストレスや悩みは付き物です。
ストレスが溜まれば、肌荒れや頭痛、胃痛や不眠、食欲不振などの弊害が出てきます。
ですから、ストレスを溜めない工夫や発散する自分に合った方法を持たなければいけません。

 

【バランスの取れた食生活】
なるべく加熱した温かいものを食べるようにしましょう。
冷たいものを体に取り入れて体が冷えると、ストレスに弱くなってしまいます。
タンパク質、ビタミン、ミネラルが豊富に取れる鍋や具だくさんの汁物がおすすめです。
肉や魚、野菜や豆腐など、たくさんの食材をバランスよく入れましょう。

 

【良質な睡眠】
疲れを取るためには、22時〜2時までのシンデレラタイムに確実に睡眠をとることをおすすめします。
成長ホルモンが分泌されるこの時間帯は、細胞が生まれ変わる時間帯です。
早めに就寝して、この時間帯には眠っているようにしましょう。
また、就寝する1時間前にはお風呂を済ませておきましょう。
シャワーで済ませることなく、40度程度のお湯にゆっくり浸かって体を温めてください。

 

【心地いい下着】
家に帰ったら、体を締め付けるような下着は脱いで、リラックスするようにしましょう。
オンとオフの切り替えをすることで、脳も体もリラックスすることができます。

 

薬剤師の笑顔に救われる患者さんもたくさんいます。
まずは薬剤師が元気な笑顔で対応できるよう、毎日のケアをしましょう。

 

ブランクのある薬剤師が復職しようとしたら…こうなった!

オススメコンテンツ

薬剤師@
薬剤師A