薬剤師の仕事、DI業務とは

DI業務の“DI”は『Drug Information』の略で『医薬品情報管理』と訳されます。
DI業務の主な仕事内容は、医薬品の情報収集と管理となります。

 

【自社製品の情報】
多くの医薬品を製造販売している製薬会社では、DI担当者が自社製品の情報を収集して『分類』『保管』『管理』を行ないます。
問い合わせなどの必要に応じて、直ちに情報を提供するためにすぐに取り出せることを目的としています。

 

【新開発の医薬品情報】
自社に関わらず、国内外の医薬品に関する新情報の収集もDI担当者の仕事です。
新薬の使用方法や効能、相互作用や副作用などの情報を収集し管理します。
また、医薬品に関連する文献や論文なども収集します。

 

【医療現場からの情報】
医療機関のスタッフ(医師、看護師、薬剤師)からの医薬品の効果や副作用などの現場の生の声も重要な情報として収集、管理します。

 

【情報のリニューアル】
全ての情報は、常にリニューアルします。
常に最新の情報に入れ替える必要があります。

 

【自社社員への情報提供】
自社の社員、営業マンには、常に有益な情報を提供する必要があります。
問い合わせに対する迅速な対応、適切なプレゼン資料の作成などをする場合もあります。

 

【医療従事者への情報提供】
病院やクリニックなどのスタッフ(医師、看護師、薬剤師)に対して、自社製品の情報を提供します。
資料、リーフレット、情報誌、掲示板に貼付という形の場合もあれば、インターネットを利用した提供の仕方もあります。

 

【大学や研究機関への情報提供】
医薬品情報だけではなく、最新の薬物療法や治療方法などの学術データなどの収集も行います。
情報は大学や研究機関に提供したり、問い合わせに対応こともあります。

 

ブランクのある薬剤師が復職しようとしたら…こうなった!

オススメコンテンツ

薬剤師@
薬剤師A