かかりつけ薬剤師制度とは?

かかりつけ薬剤師制度は、2016年4月よりスタートした新制度です。
かかりつけ薬剤師は、薬の服用や管理を始め、体調や食事管理なども含めた健康に関する全てが相談できる特定の薬剤師のことです。
このような薬剤師を一人持つことができるのが、『かかりつけ薬剤師制度』です。

 

かかりつけ薬剤師制度

患者自身の選択で、服用している薬を把握してもらい、24時間対応で何かあった場合に相談することができ、アドバイスを受けることができます。
かかりつけ薬剤師は、担当患者の薬を処方した医師と連携し、服薬状況・体調の変化なども含めて把握し、必要に応じて医師への相談報告をします。
必要があれば、患者の自宅訪問をして、薬の整理を行うこともあります。

 

かかりつけ薬剤師を持つためには、信頼できる薬剤師を選んで書面で同意を交わす必要があります。

 

かかりつけ薬剤師を持つと、薬の処方の際に『薬剤服用歴管理料(38点=380円、又は50点=500円)』がなくなり『かかりつけ薬剤師指導料(70点=700円)』が付加されるため若干高くなります。
ただし、保険適用により実際には負担割合により20〜100円の負担となります。
詳細は薬局で訊いてみましょう。

 

ただし、どんな薬剤師でもかかりつけ薬剤師になれるわけではありません。
かかりつけ薬剤師になるためには、一定以上の経験や知識がある方でなければいけませんし、ご本人が国に届け出なければいけません。
限られた薬剤師となりますので、かかりつけ薬剤師が在籍しない薬局もあるでしょう。

かかりつけ薬剤師の条件

2016年4月から、かかりつけ薬剤師制度が始まりました。
患者さんは、一人のかかりつけ薬剤師を持つことができます。
ただし、薬剤師であれば誰でもかかりつけ薬剤師になれるというわけではありません。
かかりつけ薬剤師になあるためには、一定以上の経験や知識を持ち、国に届け出る必要があるのです。

 

かかりつけ薬剤師になる条件

・3年以上の薬剤師として薬局勤務経験があり、同薬局に週32時間以上の勤務、及び半年以上在籍していること。
・『薬剤師認定制度認証機構』の認証した研修認定制度等の研修認定を取得していること。
・医療関係の地域活動への取り組みに参画していること。

 

かかりつけ薬剤師を持つことで、患者さんの薬の管理や服用に関する心配事がなくなるでしょう。
多数医院より薬の処方を受けている方は、重複した薬の服用や、飲み合わせの悪い薬の服用などの危険があります。
そのような薬の管理や相談をすることができます。

 

また、処方された薬の効能や副作用などを理解していないために薬の服用を自己判断で中止したり、完治する前に良くなったからと言って服用をやめて症状が悪化するケースなど、かかりつけ薬剤師がいることで防げる危険はたくさんあります。
さらに薬の専門家という立場で患者さんの服用状況を把握してくれるので、体調や薬に関するアドバイスを受けることもできます。

 

患者さんにとって薬のよる治療が最良の結果を発揮できるよう、かかりつけ薬剤師の大きな貢献が期待できます。

かかりつけ薬剤師との関わり方

かかりつけ薬剤師は、患者さんが希望すれば患者さんの選択で持つことができます。
ただし、一定以上の経験や知識があり、薬剤師が国に届け出をしていなければかかりつけ薬剤師にはなることができません。
かかりつけ薬剤師になってもらうには、患者さんと薬剤師が書面で同意を交わす必要があります。

 

では、かかりつけ薬剤師を持ったら、どのような関わり方をすれば良いのでしょう。

 

・患者さんは、1人だけかかりつけ薬剤師を持つことができます。
薬局の利用が数ヶ所あっても、かかりつけ薬剤師は1人しかもつことができませんので気を付けましょう。

 

・かかりつけ薬剤師を持った場合、基本的にはその薬剤師が担当することになります。
他店舗での薬の処方に関しては、かかりつけ薬剤師がいることを伝えてください。
かかりつけ薬剤師は変更することが可能ですので、その場合は薬局に相談しましょう。

 

・処方薬だけではなく、市販薬や健康食品を服用したいときにもかかりつけ薬剤師に相談をしてください。
相談は、電話で行うことも可能です。
「サプリメントは薬じゃないから大丈夫」と勘違いされている方も多いようです。
薬や健康食品の飲み合わせの確認は必ず行うようにしましょう。

 

・体調の変化についての報告や相談もしてください。
薬の服用による体調の変化だけでなく、不調について相談することができます。
かかりつけ薬剤師は24時間対応していますので、いつでも連絡することが可能です。

 

上記のように、かかりつけ薬剤師は患者さんの健康全般について相談することができる存在です。
薬の服用がある方であれば、どなたでも持つことができますので、検討してみると良いでしょう。

 

ブランクのある薬剤師が復職しようとしたら…こうなった!

オススメコンテンツ

薬剤師@
薬剤師A