管理薬剤師とは

薬剤師になるためには国家資格を取得する必要があります。
では、管理薬剤師とはどんな薬剤師のことを指すのでしょう。

 

管理薬剤師とは、薬事法により医薬品の取扱いや製造販売を行う場所に必ず置くように義務付けられた存在です。
しかし、実は管理薬剤師には特別な資格は必要ありません。
管理薬剤師を募集していることがありますが、これは特別な資格があるわけではなく、薬剤師の資格を所持し実務経験が3年以上ある方が望ましいようです。

 

管理薬剤師の業務

・従業員の監督
・医薬品の管理
・薬事法や薬剤師法などに関する法律や医療保険に関する知識がある

 

管理薬剤師は、上記のように知識と指導能力が要求されます。

 

ですから、人間関係の構築やコミュニケーション対応力なども必要ですし、信頼される人間性であることも要求されます。
しかし薬事法で『必ず置かなければならない』とされていることもあり、新卒採用でいきなり管理薬剤師としてしまうケースもあるようです。
このような場合には、働きながら知識を身に付けていくことになりますね。

 

管理薬剤師の募集で最近多くなっているのは、ドラッグストアや小規模の調剤薬局などです。
店舗に薬剤師を一人しか置かないという場合には、雇用された薬剤師がそのまま管理薬剤師となります。

 

ほかにも薬剤を扱う中小企業や製薬会社の工場などにも、必ず管理薬剤師を置かなければいけません。
要は、薬剤師の資格があれば、管理薬剤師を任命することは可能です。

 

管理薬剤師の役割

管理薬剤師は、医薬品を扱う場所に必ず1人置かなければいけません。
これは薬事法により義務付けられており、管理薬剤師がいない薬局やドラッグストアでは医薬品を販売することができません。

 

管理薬剤師は、様々な職場で活躍しています。
多くは調剤薬局ですが、ドラッグストアや病院、製薬会社、医薬品を扱う職場であれば、必ず配置されています。
それだけ、管理薬剤師は必要とされているのです。

 

しかし、管理薬剤師になるための特別な資格はありません。
薬剤師の四角を持ち、実務経験が3年以上あることが望ましいとされていますが、最近では実務経験がほとんどない薬剤師でも管理薬剤師として雇用されているケースも少なくありません。
というのも、先ほど述べた薬事法により必ず1人管理薬剤師を置かなければいけないという義務付けがあることと、勤務が長続きしない人が多いことから、実務経験の少ない方でも管理薬剤師として雇わなけばいけないケースがあるのです。

 

薬剤師の多くは、調剤薬局に勤務しています。
その薬剤師を管理・監督・教育するのが、管理薬剤師の仕事です。
さらに医薬品の管理や在庫管理、製薬会社や医師や患者からの医薬品に関する情報収集と情報提供なども重要な業務です。
ほかには薬事法などの法律の知識を持つことや、医薬品に関する知識も必要です。
そして、全体を把握した上で医薬品を患者に提供します。
医薬品は、患者にとって適正なものでなければいけません。
その判断をし、服薬指導や副作用についての説明などを行います。

 

ほかにもドラッグストアや病院、製薬会社などに勤務する管理薬剤師がいますが、基本は同様です。
医薬品の管理、従業員の管理・監督・教育、薬事法や保険に関する知識を身に付けることなどが基本の業務となります。

 

このように管理薬剤師は全てに関して『まとめ役』を担っています。
ですからコミュニケーション能力が必要ですし、信頼される人間性も要求されます。

 

ブランクのある薬剤師が復職しようとしたら…こうなった!

オススメコンテンツ

薬剤師@
薬剤師A