管理薬剤師になるためには

医薬品を取り扱う場所では、薬事法により必ず1人管理薬剤師を置くことを義務付けています。
管理薬剤師になるためには、特別な資格は必要ありません。
薬剤師の資格を持ち、実務経験が3年以上あることが望ましいとされていますが、離職率が高くなっている昨今では、薬事法の義務付けをクリアするために実務経験がほとんどない薬剤師がいきなり管理薬剤師になってしまうケースもあります。
つまり、管理薬剤師になるための条件は、あってないようなもの、とも言えるでしょう。
最近では新卒者を管理薬剤師として採用して、仕事をしながら知識を身に付け、コミュニケーション能力を学ぶケースも増えています。
ドラッグストアや中小規模の調剤薬局では管理薬剤師の募集が多く、採用してすぐに管理薬剤師になる場合もあるでしょう。

 

しかし実際には実務経験が重視され、さらに管理能力が問われます。
管理薬剤師の職務には、医薬品の保存管理や在庫管理、従業員の管理教育、製薬会社や医療機関との提携などがあります。
いずれもコミュニケーション能力が必要となりますし、信頼できる人間性も望まれます。
また、薬事法や薬剤師法などの法律や、医療保険に関する知識も必要ですし、全ての業務において正確な知識と指導能力が要求されます。

 

しかし、薬剤師であればどなたでも管理薬剤師になるチャンスはあります。
多くは勤務年数が長くなり、昇格する形で管理薬剤師になるケースですが、最近の離職率の高さでなかなか勤務年数が長い方がいないのも実情です。

管理薬剤師に必要なスキル

薬剤師の中には、管理薬剤師を目指す方も多くいます。
では、管理薬剤師になるためにはどんなスキルが必要でしょう。

 

管理薬剤師になるためには、薬剤師の資格以外の特別な資格は必要ありません。
一般的には3年以上の薬剤師としての実務経験が必要だと言われていますが、実際には3年に満たない方も少なくありません。

 

管理薬剤師の仕事は、言わば店舗の管理監督です。
具体的には、医薬品の管理と従業員の教育と監督ですので、管理職のような立場になります。

 

現場での経験、医薬品の知識、薬事法の知識があることが大前提です。
正しい知識を持ち、常に新しい知識を入手して、ほかのスタッフや薬剤師に情報を提供します。
新しい薬の詳細、それまであった薬の新情報など、薬業界では常に新たな情報を知る必要があり、その責任を担うのは管理薬剤師です。
また、薬事法を理解し、保険請求などの知識も必要となります。

 

 

従業員の教育と監督については、常に目配りをする必要がありますね。
適切な仕事を行っているか、患者さんに対する接し方、法令遵守できているかなど、通常業務でチェックする必要があります。
その際、平等な観点で全ての従業員を見る必要があります。
そして、業務が適切ではない従業員に対しては、教育が必要になります。

 

このように、情報収集能力と指導能力が必要ですし、いずれもコミュニケーション能力が必要とされます。
また、その立場にあって上に立って人を指導するには、知識と経験だけではなく人間性も求められます。

 

ブランクのある薬剤師が復職しようとしたら…こうなった!

オススメコンテンツ

薬剤師@
薬剤師A