薬剤師A記事一覧

薬剤師になるためには、薬剤師資格を取得する必要があります。薬剤師資格は国家資格です。高校を卒業後、薬学大学が大学の薬学部で6年間の課程を修了し、そこで初めて国家試験を受験する資格を得ることができます。薬学系の大学は全国に74校あり、北海道から九州まで『国立』『公立』『私立』とさまざまあります。大学で学ぶ内容には有機化学・生物化学・薬剤学・疫病学などがあり、さらに調剤薬局の実習と、幅広くなっています...

薬剤師になるためには、薬学大学で6年間を修了し、国家試験を受験して合格しなければいけません。薬学大学のカリキュラムの多くは、薬剤師の国家試験に合格するために組まれています。一般的には1年次2年次で、有機化学・分析化学・物理化学・生化学・機能生体学などの、基礎となる科目がカリキュラムの中心になっています。3年次4年次で、1年次2年次で学んだ知識を基礎にして、応用薬学や医療についてのカリキュラムを学び...

薬剤師は国家資格です。6年制の薬学大学を修了し、国家試験を受験して合格すれば、薬剤師の資格を得ることができます。1度取得すれば一生ものの資格ですので、結婚や出産で仕事の進退をする女性にとって、非常に働きやすい職場だと言えるのです。現在、薬剤師の男女比は、男性4:女性6と女性が多くなっているのも、そういった背景があるのかもしれませんね。薬剤師は専門性の高い職業で、待遇や仕事内容で男女差がなく、男女と...

薬剤師として仕事をするためには、薬剤師国家資格が必要です。国家試験の受験資格に、薬学大学の課程を6年間修了することが必須です。薬学大学の学科には、薬学科・健康薬学科・医療薬学科・漢方薬学科などがあります。全国に74校ある薬学大学は、国立大、公立大、私立大があります。学費は入学から卒業までの6年間で、国立大は約350万円、私立大は約1200万円必要です。薬剤師の国家資格を取得したら、様々な現場で活躍...

薬剤師は、薬剤師国家資格を取得した人でなければできない仕事です。薬剤師の資格を取得して人には、さまざまな活躍の場があります。よく知られている職場に、調剤薬局がありますね。調剤薬局は、薬剤師の就職先としては最も多い職場です。ほかにも製薬会社やドラッグストア、病院などが挙げられます。医薬品を扱うところには、薬剤師の配置が必要です。あまり知られていないところでは、麻薬取締官も薬剤師の仕事です。薬剤師の仕...

薬剤師は、薬剤師国家試験で合格した者だけが取得することができる資格です。国家資格とは国が定めた法律に則って得ることができる資格で、薬剤師国家資格は1度取得すれば一生ものの資格です。また、薬剤師の資格もないのに薬剤師の仕事をすると違法になるため、罰せられます。医師や看護師と同様に、薬剤師は医療に携わり人の命に関わる国家資格が必要な職業なのです。薬剤師国家資格を取得するためには、第一に薬学大学か薬学系...

薬剤師は、専門性の高い仕事ですし国家資格です。ですから売り手市場だと言われています。しかし一方で、『薬剤師飽和時代がやってくる』とも言われています。その理由として、薬学大学が46校から74校に増え薬剤師が増加していること、そして医薬品に関わる現場において電子化などの作業の簡略化により少ない人手で足りてしまうことなどが挙げられます。また、規制緩和により薬局以外のスーパーやコンビニエンスストアやインタ...

薬剤師になるためには、薬学大学を卒業後、国家試験を受験して合格しなければいけません。薬学大学が6年制になり、一時は『薬剤師飽和状態』が懸念されていた時期もありましたが、現在も尚、薬剤師は売り手市場だと言われています。売り手市場だけあって、様々な職種の中でも転職がしやすい職種だと言えるでしょう。薬剤師の70%は転職経験があり、さらにその30%は3度以上の転職を経験しているというデータがあります。それ...

全国的にドラッグストアが増えています。2009年に改正された薬事法により「第一類医薬品は薬剤師でなければ販売できない」となり、ドラッグストアにも薬剤師が必要になったのです。ですから、必然的にドラッグストアで働く薬剤師は増えています。時間帯や曜日によって薬剤師を勤務させたり、数人の薬剤師を交代制で常に薬剤師が店頭にいるドラッグストアもあるでしょう。ドラッグストアは調剤薬局や病院などと比較して、非常に...

、調剤薬局の薬剤師にスポットを当てて、『どんなときにやりがいを感じるか』についてお話ししましょう。調剤スキルをアップ同じ調剤薬局にいると、近隣の医療機関で取り扱う決まった医薬品を中心とした取り扱いになるため、転職することでそれまで扱ったことのない薬を調剤することができます。業務のゆとり業務の多い病院薬剤師に比べると、調剤薬局は比較的仕事に余裕を持って行うことができます。患者さんの健康への関わり人の...

薬剤師の多くが勤めているのが『調剤薬局』です。医療機関内や医療機関の近隣の調剤薬局では、医師の処方箋に従って医薬品の調剤を行います。さらに、調剤された医薬品を患者さんに渡して、患者さんが服用している薬やこれまでの薬歴を確認したり、服薬指導や副作用についての説明などを行います。現在、調剤薬局は、老若男女ほとんどの方が利用したことがあるのではないでしょうか。患者さんは医師から処方箋を受け取り、調剤薬局...

薬剤師の就職先に、製薬会社があります。製薬会社の薬剤師には、医療の未来を担う研究職と、医薬情報担当者としての情報提供の仕事があります。ガンが治る病気になり、難病の治療が可能となり、様々な病気が怖い病気でなくなった背景には、医学・薬学の目覚ましい発展があります。現在、世界中で薬の研究が盛んに行われています。効果の高い新薬の研究開発はたくさんの人を救い、製薬会社にとっても大きな利益に繋がります。ですか...

薬剤師のイメージとして最も多いのは、調剤薬局の薬剤師のような窓口から薬を処方してくれる人ではないでしょうか。薬剤師は病院にもいますが、ほとんどの方が外来患者に薬を処方する薬剤師を思いうかべるでしょう。病院薬剤師が入院病棟にもいるということは、ご存知でしたか。入院病棟がある病院には入院患者さんがいます。大きな病院になれば、入院病棟も大きく、入院患者さんも多くなります。総合病院では、内科・外科・産婦人...

では、行政の薬剤師にスポットを当てて、『どんなときにやりがいを感じるか』についてお話ししましょう。法令の順守薬剤師という立場で、不正を正し法令を順守します。住民への対応担当した地域の住民の不安や不満を解消して、きちんとした対応ができたとき。国民の健康薬剤師として国民の健康を守り、維持すること。恵まれた環境結婚や子育てが仕事を辞めるキッカケになることなく、長く継続して仕事を続けらる恵まれた環境です。...

スポーツファーマシストは、2009年より開始された新しい資格です。主な仕事はドーピングの防止となっています。ドーピングとは、薬物を不正な使用により精神や肉体の強化を図り、それを隠ぺいすることを指します。スポーツのフェアプレー精神に反するものとして、スポーツ界全体において禁止となっています。ドーピングには、確信犯的に禁止されている薬の使用をする場合と間違えて使用してしまう場合があり、日本ではうっかり...

様々な職場で活躍する薬剤師は、医薬品のプロです。病気やケガ、体調を整えるための薬を研究し、患者に対して薬の調合したり販売したりすることが主な仕事です。よく知られている薬剤師の職場に調剤薬局があります。医師の処方箋に従って正しく薬を調合することを『調剤』と言い、この調剤が調剤薬局の薬剤師の業務となります。調剤の際には、医師の指示が患者に合っているか、問題はないかなどの確認も必要です。医師と薬剤師のダ...

オススメコンテンツ

薬剤師@
薬剤師A