薬剤師になるために

薬剤師になるためには、薬剤師資格を取得する必要があります。
薬剤師資格は国家資格です。
高校を卒業後、薬学大学が大学の薬学部で6年間の課程を修了し、そこで初めて国家試験を受験する資格を得ることができます。
薬学系の大学は全国に74校あり、北海道から九州まで『国立』『公立』『私立』とさまざまあります。

 

大学で学ぶ内容には有機化学・生物化学・薬剤学・疫病学などがあり、さらに調剤薬局の実習と、幅広くなっています。
全てのカリキュラムを終え、6年制の課程を卒業した人(或いは卒業見込みの人)だけが薬剤師国家試験を受験する資格を得ることができます。

 

薬剤師国家試験は年1回の実施となっています。

 

薬剤師国家試験で出題される分野

・物理、化学、生物
・衛生
・薬理
・薬剤
・法規、制度、倫理など

 

薬剤師国家試験受験会場

・北海道
・宮城県
・東京都
・石川県
・愛知県
・大阪府
・徳島県及び福岡県

 

合格率は平均で70%〜90%。
年1回の試験ですので、不合格の方は翌年まで受験することができません。
国家試験に合格した方は、申請して厚生労働省の薬剤師名簿に登録されると薬剤師免許がもらえます。

 

薬剤師の資格を取得すれば、薬剤師として就職することが可能となります。
就職先としては、調剤薬局が最も多く、ドラッグストアや病院、製薬会社などがあります。
ほかにも医薬品を扱うことがある一般企業や、公務員として官公庁に就職するという道もあります。
多岐に渡って活躍が期待されている薬剤師は、まだまだ求人が減ることがなさそうですね。

薬剤師になるための大学

かつて46校だった薬学大学ですが、現在では74校まで増えています。
国立、公立、私立とさまざまな大学があり、北海道から宮崎まで全国各地に設置大学があります。
薬剤師になりたいと考えたとき、ご自身が住んでいる県内の薬学大学か薬学系の学科がある大学を探してみましょう。

 

薬剤師になるためには、6年制の薬学大学を修了し国家試験を受験して合格しなければいけません。
つまり、薬剤師になるために薬学大学および薬学系の学科を設置している大学を修了することは、絶対に必要だということです。

 

薬学大学が増加した背景には、政府の規制緩和が影響しています。
2004年、政府の規制緩和によって私大の薬学部開設が相次ぎました。
これにより、薬剤師の増加による薬剤師飽和時代がやってくることが懸念されましたが、現在でも薬剤師は売り手市場と言われるほど求人が多くあります。
薬剤師の供給過多の心配より、薬学を学びたいという人への学ぶチャンスが提供できる環境が整ったとも言えるでしょう。

 

以前、4年制だった薬学大学は2006年に6年制となり、充実したカリキュラム受け幅広い知識を身に付け、専門性の高い薬剤師として役立つことが期待できます。
大学では座学と実習を受講し6年制の課程を修了し、卒業見込みをもらえた人、あるいは卒業した人だけが国家試験を受験する資格を得ることができます。
多くの薬剤師が活躍していますが、全ての薬剤師が薬学大学を卒業し国家試験に合格しています。

薬剤師になるための学費

薬剤師は国家資格です。
国家資格を取得するためには国家試験を受験して合格する必要がありますが、薬剤師の場合、国家試験を受験する資格として6年制の薬学大学か薬学科のある大学を卒業する必要があります。
薬学大学には『国立』『公立』『私立』があり、全国74校と各都道府県に設置されています。
以前は4年制だった薬学大学が6年制になったのは、2006年4月のことでした。
以来、薬剤師を目指す人は6年制の薬学大学を修了して国家試験を受験しています。
既に6年制になってから学んだ学生は薬剤師として活躍しています。
6年制になったことで学ぶ期間が2年長くなったわけですが、当然その分学費も必要になります。

 

国立大学では、入学金は約28万円、授業料は年間約53万円、6年間で約350万円となります。
多少の差額はありますが、国立大学ではこの金額を参考にすると良いでしょう。

 

私立大学では、入学金は約40万円、授業料は年間約134万円、ほかに施設費などが60万円程度かかることが多く、6年間で1200万円を超えることもあります。

 

上記のように、入学から卒業まで6年間で捉えると国立大学と私立大学では大きな差があります。
私立大学でも特待生制度を設けている場合、成績優秀者として特待生になると学費が免除されます。
ただし、特待生になるためには入試の時点から成績優秀であることはもちろん、その成績を維持しなければいけません。
特待生の枠は数が少ないため、選ばれるのは簡単ではありません。

 

ブランクのある薬剤師が復職しようとしたら…こうなった!

オススメコンテンツ

薬剤師@
薬剤師A