薬剤師が学ぶこと

薬剤師になるためには、薬学大学で6年間を修了し、国家試験を受験して合格しなければいけません。
薬学大学のカリキュラムの多くは、薬剤師の国家試験に合格するために組まれています。

 

一般的には1年次2年次で、有機化学・分析化学・物理化学・生化学・機能生体学などの、基礎となる科目がカリキュラムの中心になっています。
3年次4年次で、1年次2年次で学んだ知識を基礎にして、応用薬学や医療についてのカリキュラムを学び、薬理学や薬剤学などの専門知識の習得をします。
5年次6年次では大学での座学は少なくなり、薬局や病院での実務実習や臨床の現場で学ぶ機会が増えます。

 

薬学大学を卒業して国家試験に合格して晴れて薬剤師になれても、薬剤師としての勉強は必要です。
医薬品業界では新薬の研究開発は盛んに行われ、日進月歩で進歩しています。
常に最新の情報は必要ですし、新たな知識を身に付けるためには勉強が必要です。
個人的な勉強も有効ですが、製薬会社などが主催する勉強会や社内勉強会などにも積極的に参加しましょう。

 

さらにキャリアアップを目指すのであれば、『認定薬剤師』や『専門薬剤師』を目指すのも良いでしょう。
薬剤師として向上心を忘れず、現場において常に新しい知識と情報を活かせることは、患者さんの役に立つだけではなく、個人のレベルアップと職場のレベルアップに繋がります。
最近は一般の方でも医学の知識に詳しくなっているため、専門性を高めるためにもキャリアアップは有効ですね。

薬剤師が活躍する場所

薬剤師と言えば、調剤薬局を思い浮かべる方が多いのではないでしょうか。
確かに、薬剤師の就職先として最も多いのが調剤薬局です。
次いで、ドラッグストア、病院薬剤師となっています。
ほかにも薬剤師が活躍する場は多く、多岐に渡っています。

 

研究機関

研究機関には民間の製薬会社や大学の研究室などがあり、ガンや難病など、さまざまな病気の最新治療薬の研究開発が行われています。
薬の臨床実験やデータの収集、厚生労働省への申請、新薬の承認申請書の作成など新薬開発に貢献し、国内外で活躍しています。
高い学歴での採用が多くなっており、競争率が高いため難しいと言われています。

 

MR

MRは製薬会社の中にある医薬情報担当者のことです。
病院などの医療機関に対して自社の医薬品の情報を提供することが主な仕事で、医薬品に関する知識を生かすことができます。
薬学大学で学んだことを活かすことはできますが、薬剤師でなければなれない職業ではありません。

 

官公庁

薬の認可をする厚生労働省や国の研究機関など、公務員薬剤師の仕事です。
採用人数は少なく、就職率が低いため難関です。
意外と知られていませんが、麻薬検査官を担っているのも薬剤師です。

 

薬剤師が働く場所は多岐に渡っており、同じ薬学大学を修了し薬剤師の資格を取得した方であっても、それぞれたくさんの活躍の場があります。
国家資格である薬剤師は、1度取得すれば一生ものの資格です。
また、薬剤師の需要は多く、現在も売り手市場となっています。

 

ブランクのある薬剤師が復職しようとしたら…こうなった!

オススメコンテンツ

薬剤師@
薬剤師A