薬剤師としての魅力

薬剤師は国家資格です。
6年制の薬学大学を修了し、国家試験を受験して合格すれば、薬剤師の資格を得ることができます。
1度取得すれば一生ものの資格ですので、結婚や出産で仕事の進退をする女性にとって、非常に働きやすい職場だと言えるのです。
現在、薬剤師の男女比は、男性4:女性6と女性が多くなっているのも、そういった背景があるのかもしれませんね。

 

薬剤師は専門性の高い職業で、待遇や仕事内容で男女差がなく、男女ともに同じ労働条件で働くことができる職業です。
つまり、それだけ女性がハンデを負うことがない職業だと言えるでしょう。
さらに、一般企業の女性会社員に比べて収入が高く安定した生活望むことができ、仕事をするスタイルも選択することが可能であるため、子育てや介護をしながら就労することができます。
結婚や出産、介護など、これまで女性が仕事を退かなければいけなかった場面であっても、働き方を選んで仕事を続けたり、1度は退いても再就職することができるということは大きな魅力ですね。
正社員、パート、アルバイト、派遣社員など、生活スタイルに合わせた働き方を選択することができます。

 

さらに、薬剤師の資格を持っていれば、独立開業のチャンスもあります。
病院があれば調剤薬局が必要ですので、これからも調剤薬局のニーズは増えるでしょう。

 

このように、薬剤師の資格を持っていることで、様々な働き方ができるということは、人が一生を通して仕事にして行くことが可能な職業だと言えます。

薬剤師のやりがい

薬剤師には、さまざまな活躍の場があります。
調剤薬局、病院、ドラッグストア、製薬会社、そのほか官庁などで活躍する薬剤師もいます。
それぞれにやりがいがあり、 責任もあります。

 

薬剤師のやりがいとして、薬の開発や新薬を世に出すということがあります。
これは製薬会社の薬剤師ですね。
新しい薬で救われる命があり、さらに会社に大きな利益を生むことができることは、薬剤師として大きなやりがいがあるでしょう。

 

また、患者さんと直接接して、安全に薬を提供することにも大きなやりがいを感じるでしょう。
これは調剤薬局の薬剤師ですね。
患者さんの病気やケガが改善されたり完治することは、薬剤師として最も喜びを感じるときです。

 

ほかにも、医療チームの一員として、薬剤師としてひとりの患者さんの治療に携わることにもやりがいを感じるでしょう。
これは病院薬剤師ですね。
医師、看護師、そのほかの病院スタッフとともに、指示に従うだけじゃなく薬剤師としての意見をもって治療に臨むことは薬剤師としての責任とやりがいを感じることができます。

 

ドラッグストアでは、自分の考えや知識で患者さんに薬を勧めることができ、中には自分を頼って訪ねてくる患者さんが出てくる場合もあり、やりがいを感じることができるでしょう。
また、努力や頑張りが収入に反映しやすいのもドラッグストアの薬剤師です。

 

薬剤師の仕事には、人との関わりが切っても切れないところにあります。
誰かの役に立つということ、誰かに感謝されるということは、薬剤師にとって何よりのやりがいになるのではないでしょうか。

 

ブランクのある薬剤師が復職しようとしたら…こうなった!

オススメコンテンツ

薬剤師@
薬剤師A