薬剤師のスキル

薬剤師として仕事をするためには、薬剤師国家資格が必要です。
国家試験の受験資格に、薬学大学の課程を6年間修了することが必須です。
薬学大学の学科には、薬学科・健康薬学科・医療薬学科・漢方薬学科などがあります。
全国に74校ある薬学大学は、国立大、公立大、私立大があります。
学費は入学から卒業までの6年間で、国立大は約350万円、私立大は約1200万円必要です。

 

薬剤師の国家資格を取得したら、様々な現場で活躍することができます。
薬の効果、副作用、医薬品についての幅広い知識が必要ですし、日々新たな情報を入手する必要があります。
医師の指示に従った薬の調剤や患者さんに対する薬の説明、薬の管理なども薬剤師の仕事です。
患者さんに薬を渡す際には、薬の説明だけではなく、食事や運動などに関する注意点など日常生活に関する指導による、患者さんの健康向上のお手伝いが望まれています。
患者さんと接する薬剤師にとって、薬の知識以外にも必要とされるのがコミュニケーションスキルです
さらに勉強し続ける向上心や、ミスのない調剤のための集中力も要求されます。
薬剤師国家資格は一度取得すると一生ものの資格ですので、その後に学ぶ姿勢はご自身の向上心次第です。
常に向上心を持って学び続ける薬剤師は、やはりスキルアップすることができています。

 

また、重要なこととして、患者さんを労わり思い遣る気持ちが必要です。
薬剤師は知識や能力も重要ですが、最近は人柄が重視されて採用しているところが多くなっています。

薬剤師の適正

薬剤師になるためには、薬剤師の国家資格を取得する必要があります。
国家資格を取得するためには、6年制の薬学大学を修了し国家試験を受験して合格しなければいけません。
しかし、6年間学び、頑張って薬剤師の資格を取得した方であっても、「自分は薬剤師に向いていなかった」という方はいます。
薬剤師はある意味、特殊な職業ですので、向き不向きが明確に分かれます。

 

では、どんな人が薬剤師に向いているのでしょう。

 

几帳面な人

薬剤師の仕事に『薬の調剤』があります。
医師の指示に従って、間違いなく正確な調剤をする必要があります。
処方箋には小さな単位で分量の指示があり、少しでも前後すると効能が薄れたり副作用が強く出たりします。
ですから、絶対に寸分の狂いもなく計量して調剤しなければいけません。
「ちょっとくらい前後してもいいだろう」という曖昧さは許されません。

 

化学好きな人

薬剤師は理系の専門職です。
化学の分野の知識があれば、薬の効能や調合について理解を深めることが容易でしょう。
新薬のメカニズムを理解するためにも、化学は必要です。

 

コミュニケーション能力の高い人

薬剤師には、患者さんとの関わりの中で、薬の服用の仕方や副作用の説明をする義務があります。
このとき、薬に関して素人である患者さんに分かりやすく、優しく教えてあげなければいけません。
威圧的になったり分かりにくい説明では、理解できません。
正しく分かりやすい説明が必要です。
知識だけではなく、コミュニケーション能力が重要ですね。

 

ブランクのある薬剤師が復職しようとしたら…こうなった!

オススメコンテンツ

薬剤師@
薬剤師A