薬剤師の収入

薬剤師は、薬剤師国家資格を取得した人でなければできない仕事です。
薬剤師の資格を取得して人には、さまざまな活躍の場があります。
よく知られている職場に、調剤薬局がありますね。
調剤薬局は、薬剤師の就職先としては最も多い職場です。
ほかにも製薬会社やドラッグストア、病院などが挙げられます。
医薬品を扱うところには、薬剤師の配置が必要です。
あまり知られていないところでは、麻薬取締官も薬剤師の仕事です。

 

薬剤師の仕事は非常に専門性が高く、当然のように収入も高くなっています。
薬剤師全体の平均収入額は520万円となっていますので、一般会社員と比較すると高めなのが分かりますね。
地方によっては深刻な薬剤師不足に悩まされ、非常に良い待遇で薬剤師を迎えているところもあります。
製薬会社では、実力次第で年収800万円を超える人もいますし、ドラッグストアでは初任給から年収400万円を下りません。

 

薬剤師の収入は高めであることも魅力ですが、その安定性に惹かれる方も多いのではないでしょうか。
薬を飲んだことがないという方はほとんどいません。
売り上げのアップダウンがほとんどなく、必要に応じてたくさんの方が薬を必要としています。
そのため、薬剤師の年収も非常に安定していると言えるのです。

 

薬剤師の資格を持っていれば、結婚や出産などで正社員として働くことができなくなっても、アルバイトやパートで復帰することもできます。
また、アルバイトやパートの時給も一般的な時給に比べて高くなっており、時給1500円〜2500円で働くことができます。

薬剤師の勤務時間と休日

薬剤師が働く職場は、病院・調剤薬局・製薬会社・ドラグストアなどがあります。
薬剤師の勤務時間や休日は、働く職場によって異なります。

 

製薬会社であれば、基本的に土日祝日は休日となっており、9時〜17時の就労時間となっています。
しかし実際には休日出勤もありますし、残業も多くあります。

 

病院は、外来は休診日も診察時間も決まっていますが、入院病棟では24時間365日稼働しています。
薬剤師であっても夜勤や当直がある場合もありますし、場合によっては休日に呼び出されたり残業をすることもあるでしょう。
手術部門に配属された薬剤師は手術の有無が前以て分かっているので、勤務時間の組み立てがしやすいかもしれませんね。

 

調剤薬局もまた、開店時間が決まっているとは言え、患者さんが途切れるまでは締めることができません。
パートの交代制になっている場合も多く、ちょうど上がる時間に患者さんが混み合っていれば、退社できずに残業することになるでしょう。
ただし、調剤薬局の場合は休日をしっかり確保できる利点があります。

 

ドラッグストアの場合では、店舗の営業時間が長いため早番遅番の交代制になっている場合が多いようです。
定休日がないため交代で休みを取り、土日祝日は忙しいため休みをもらうことが難しいかもしれませんね。
また、お盆やお正月でも営業しているため、お盆休みや正月休みは一般の方とズレて取ることが多くなります。

 

このように薬剤師の仕事が、一種のサービス業の一部を持っている昨今、休日や勤務時間もハードなものになりつつあります。
また、薬剤師は一生勉強だと言われており、プライベートな時間を割いて研修や講習に参加することも必要です。

 

ブランクのある薬剤師が復職しようとしたら…こうなった!

オススメコンテンツ

薬剤師@
薬剤師A