薬剤師の資格

薬剤師は、薬剤師国家試験で合格した者だけが取得することができる資格です。
国家資格とは国が定めた法律に則って得ることができる資格で、薬剤師国家資格は1度取得すれば一生ものの資格です。
また、薬剤師の資格もないのに薬剤師の仕事をすると違法になるため、罰せられます。
医師や看護師と同様に、薬剤師は医療に携わり人の命に関わる国家資格が必要な職業なのです。

 

薬剤師国家資格を取得するためには、第一に薬学大学か薬学系の学科がある大学を受験し合格しなければいけません。
薬学大学や薬学系の学科がある大学は、全国に74校あります。
『国立』『公立』『私立』があり、各都道府県に設置されているので、自分に合った大学を選択すると良いでしょう。
薬学大学あるいは薬学系の学科がある大学に入学したら、6年間をかけて幅広い分野の知識を身に付けます。
有機化学、生物化学、薬剤学、疫病学などを学び、5年次以降は調剤薬局や病院などの現場で実務実習を受けます。
全てのカリキュラムを修了して、卒業あるいは卒業見込みの人が薬剤師国家試験を受験する資格を得ることができます。
卒業できない、卒業見込みがもらえない人は、薬剤師国家試験を受験する資格がないということです。

 

薬剤師国家試験は、毎年1回3月に実施され、2日間の日程となっています。
薬学に関して幅広い分野から出題され、合格率は70〜90%と高くなっています。
合格率の高さは、大学側で人選していることが背景にあるからでしょう。

 

薬剤師国家試験に合格したら申請して、厚生労働省の薬剤師名簿に登録されて薬剤師免許を得ることができます。
この免許を以て、初めて薬剤師として働くことができるのです。

薬剤師の実習

薬剤師になるためには、国家資格を取得しなければいけません。
ただし、国家資格は誰でも受けられるものではなく、6年制の薬学大学か大学の薬学科を修了しなければ受験することができません。
薬学大学を6年間修了して、国家試験を受験し、合格した方だけが薬剤師になることができるのです。
以前の薬学大学は4年制でしたが、2006年4月より6年制となりました。

 

薬学大学で6年かけて学ぶことは、有機化学・生物化学・薬剤学・疫病学などがあります。
幅広く薬学に関する知識や技術を身につけ、座学だけではなく実習も行います。
薬学大学の学生は、5年次以降に医療現場で実務実習を行います。
実務実習は義務付けられており、病院や調剤薬局などで行います。
実習時間は10週間以上、医療の現場で調剤や患者さんへの対応を実践し、現場で働くためのスキルを身につけます。
実習先は、学生の希望が通る場合もありますが、大学によっては決められた実習際に行かなければいけない場合もあります。
非常に貴重な体験でもあり、学生によっては卒業後に実習先へ就職する方もいます。

 

また、学生の実務実習とは言え、医療現場に出るわけですから、責任が伴います。
万が一、間違えるようなことがあれば、場合によっては医療ミスに繋がることもあるのです。
基本的な知識がしっかりと身に付いていなければいけないため、実習前には試験が設けられています。
薬学共用試験と言って、全国の薬学大学の学生が共用で受ける試験です。
この試験で一定の成績レベルに達していなければ、実務実習を受けることはできません。

 

ブランクのある薬剤師が復職しようとしたら…こうなった!

オススメコンテンツ

薬剤師@
薬剤師A