ドラッグストアの薬剤師のやりがい

薬剤師になるためには、薬学大学を卒業後、国家試験を受験して合格しなければいけません。
薬学大学が6年制になり、一時は『薬剤師飽和状態』が懸念されていた時期もありましたが、現在も尚、薬剤師は売り手市場だと言われています。
売り手市場だけあって、様々な職種の中でも転職がしやすい職種だと言えるでしょう。
薬剤師の70%は転職経験があり、さらにその30%は3度以上の転職を経験しているというデータがあります。
それだけ求人が多いと言える一方で、たくさんの薬剤師がスキルアップややりがいを求めて転職しているということも伺えますね。

 

では、ドラッグストアの薬剤師にスポットを当てて、『どんなときにやりがいを感じるか』についてお話ししましょう。

 

給料高い

調剤薬局や病院に勤める薬剤師に比べて、ドラッグストアの薬剤師は収入が高くなっています。

 

OTC薬を選ぶ

患者さんの相談に応じて、その症状に合ったOTC薬を薬剤師の判断で選ぶことができます。

 

薬に関する相談事

患者さんからの薬に関する相談に応じて、プロとしてアドバイスをします。

 

薬の説明

相談に応じて選んだOTC薬の説明を患者さんがきちんと聞いてくれたとき。

 

ドラッグストアでは、調剤薬局や病院の薬剤師に比べて、薬剤師の判断を求められる場面が多くあります。
医師に処方してもらった薬を服用中の方が、別の症状に対応したOTC薬(風邪薬や胃腸薬など)を服用したい場合、医師が処方した薬との飲み合わせなども考慮してOTC薬を選びます。
場合によっては飲み合わせや副作用などにより、販売しないということもあります。
薬剤師の判断を求められる、責任とやりがいのある仕事です。

ドラッグストアの薬剤師、やめたいと感じるとき

薬剤師になるためには、6年制の薬学大学を卒業後、国家資格を受験して合格しなければいけません。
その資格を持って、調剤薬局や病院、ドラッグストアなど、薬剤師の活躍の場は多岐に渡ります。
また、転職をすることによってスキルアップが期待できるのも薬剤師の特徴と言えるでしょう。
薬剤師に限っては、転職を繰り返すことで経験を積み、様々な職場で医薬品を扱うことでより薬剤師として成長することができるのです。

 

しかし、どんな仕事であっても楽な仕事はありません。
薬剤師もそれは同じです。
やりがいを感じられなくなって、仕事を辞めたいと感じることもあるでしょう。

 

ここでは、ドラッグストアの薬剤師にスポットを当てて、『どんなときに辞めたいと感じるのか』についてお話ししましょう。

 

調剤する機会ない

最近は調剤薬局が隣接しているドラッグストアも増えましたが、ほとんどのドラッグストアでは薬剤師が調剤する機会がありません。

 

店員としての仕事

薬剤師であってもレジ打ちや商品の陳列、接客なども業務に含まれ、薬剤師でなくてもできる仕事が多くあります。

 

お客さんからのクレーム

「薬が効かない」「副作用が強い」「飲みにくい」など、お客さんからクレームを受けることも少なくありません。

 

店員扱い

お客様にとって、店内にいるスタッフは同様に店員だと思われ、薬剤師として扱ってもらえないことが多くあります。

 

ドラッグストアの薬剤師は医薬品以外の販売も業務になっているため、薬剤師としての仕事だけをしたいと思っている方にとっては苦痛を伴うかもしれません。

 

ブランクのある薬剤師が復職しようとしたら…こうなった!

オススメコンテンツ

薬剤師@
薬剤師A