ドラッグストアの薬剤師の重要な業務

全国的にドラッグストアが増えています。
2009年に改正された薬事法により「第一類医薬品は薬剤師でなければ販売できない」となり、ドラッグストアにも薬剤師が必要になったのです。
ですから、必然的にドラッグストアで働く薬剤師は増えています。
時間帯や曜日によって薬剤師を勤務させたり、数人の薬剤師を交代制で常に薬剤師が店頭にいるドラッグストアもあるでしょう。
ドラッグストアは調剤薬局や病院などと比較して、非常に収入が高く安定しているため、薬剤師には人気のある職場だと言えるのです。

 

ただし、ドラッグストアでは薬剤師としての仕事以外の業務も多く、接客や商品の陳列やレジ打ちなどもやらなければいけません。
むしろ薬剤師としての仕事以外の業務の方が多く、それに不満を感じて辞めていく人も少なくありません。
ドラッグストアで扱う商品は薬だけではなく、化粧品や日用品、飲料や食料品など多くの商品となっています。
ですから商品の把握が必要な場合もあります。

 

ドラッグストアはサービス業でもありますので、店舗の掃除や接客も重要な業務です。
営業時間が長く定休日がない場合が多いので、残業や休日出勤などが必要な場合もありますし、「何でもやります」という姿勢は必要ですね。

 

また、調剤の仕事がない場合が多いので、薬剤師として遣り甲斐を感じないという方もいるでしょう。
しかし医師に従った処方ではなく、自分の考えでお客さまに薬を勧めたり相談に応じることができるので、そこに薬剤師としての遣り甲斐を感じる方も多くいます。
ドラッグストアでは、患者さんという観点ではなく『お客さま』という意識で接する必要があります。
お客さまを大切にすることが、最も重要な業務と言えるでしょう。

ドラッグストアのアルバイト薬剤師

薬剤師は国家資格を持った人だけができる仕事です。
専門性が高く、需要が非常に高い職業だと言えるでしょう。

 

薬剤師の中には、正社員としてではなくアルバイトで働く方もいます。
薬剤師のアルバイトは、実は需要が非常に高くなっています。
時給は1500〜2500円と一般的なアルバイトに比べて高く、求人も多くなっています。
薬局やドラッグストアで、『薬剤師のアルバイト募集!』と広告を見かけたことがあるでしょう。
募集要項に、「平日3時間」や「土日のみ」や「17時以降」などの条件が書かれています。
店舗が求める人材は、短い時間で合間を埋めるように勤務してくれるアルバイトです。

 

現在、薬事法により第一類医薬品の販売は薬剤師でなければできないことになっています。
第二類医薬品や第三類医薬品に関しては、薬剤師以外の人が販売しても良いとされています。
つまり、薬剤師が不在になってしまうと第一類医薬品の販売ができないということです。
ドラッグストアでは、薬剤師のアルバイトの人に忙しい時間帯だけ出勤してほしいと考えているようです。
また、社員の薬剤師が不在になる時間帯に勤務できるアルバイトがいれば、第一類医薬品の販売が可能だということです。

 

ドラッグストアの場合、医薬品以外の販売もありますし土日も営業されていますので、薬剤師としての仕事以外の業務も多くなってしまいます。
時給の高さに釣られて、「薬剤師なのにこんな仕事までするの?!」などということのないように、よく考えてから決めると良いですね。

 

薬剤師のアルバイトは現在売り手市場だと言われており、正社員よりもニーズがあるとされています。

 

ブランクのある薬剤師が復職しようとしたら…こうなった!

オススメコンテンツ

薬剤師@
薬剤師A