調剤薬局の薬剤師のやりがい

、調剤薬局の薬剤師にスポットを当てて、『どんなときにやりがいを感じるか』についてお話ししましょう。

 

調剤スキルをアップ

同じ調剤薬局にいると、近隣の医療機関で取り扱う決まった医薬品を中心とした取り扱いになるため、転職することでそれまで扱ったことのない薬を調剤することができます。

 

業務のゆとり

業務の多い病院薬剤師に比べると、調剤薬局は比較的仕事に余裕を持って行うことができます。

 

患者さんの健康への関わり

人の人生の中で非常に重要な、健康を維持するということに関わることができます。

 

患者さんと信頼関係を築くことができる

薬を常用している患者さんやよく利用する患者さんなど、最近はただ薬を出す人という存在ではなく、薬のプロとして信頼関係を築くことができます。

 

患者さんに感謝される

患者さんに「ありがとうございます」と言ってもらえるお仕事です。

 

患者さんの病気の回復

患者さんが元気になっていく様子は責任を果たした実感もあり、非常に嬉しいものです。

 

患者さんからの質問

薬について患者さんからの質問を受けたとき、プロとして責任を持って答えます。

調剤薬局の薬剤師、やめたいと感じるとき

薬剤師になるためには、6年制の薬学大学を卒業後、国家資格を受験して合格しなければいけません。
その資格を持って、調剤薬局や病院、ドラッグストアなど、薬剤師の活躍の場は多岐に渡ります。
また、転職をすることによってスキルアップが期待できるのも薬剤師の特徴と言えるでしょう。
薬剤師に限っては、転職を繰り返すことで経験を積み、様々な職場で医薬品を扱うことでより薬剤師として成長することができるのです。

 

しかし、どんな仕事であっても楽な仕事はありません。
薬剤師もそれは同じです。
やりがいを感じられなくなって、仕事を辞めたいと感じることもあるでしょう。

 

ここでは、調剤薬局の薬剤師にスポットを当てて、『どんなときに辞めたいと感じるのか』についてお話ししましょう。

 

自分の考えを持てない

医師の処方箋に従ってその通りの薬を調剤するばかりの仕事にやりがいを見い出せなくなるケース。

 

機械的な作業

患者さんとのコミュニケーションを取ることなく、機械的に薬の調剤ばかりをしているケース。

 

閉鎖的な仕事

決まった薬の処方ばかりで幅が狭く、閉鎖的な環境で人として視野が狭くなるケース。

 

医師の薬の処方に疑問

医師による不要な薬の処方や薬の出し過ぎなど、疑問に思っても調剤しなければいけないケース。

 

患者さんとの関係

患者さんとのコミュニケーションが上手くいかず、意思の疎通ができないケース。

 

調剤薬局は店舗によって雰囲気が違いますし、近隣の医療機関の科によって患者さんのカラーも異なります。
やりがいを求めて転職することができるのも、資格ある薬剤師の特権と言えるでしょう。

 

ブランクのある薬剤師が復職しようとしたら…こうなった!

オススメコンテンツ

薬剤師@
薬剤師A