調剤薬局の薬剤師の重要な業務

薬剤師の多くが勤めているのが『調剤薬局』です。
医療機関内や医療機関の近隣の調剤薬局では、医師の処方箋に従って医薬品の調剤を行います。
さらに、調剤された医薬品を患者さんに渡して、患者さんが服用している薬やこれまでの薬歴を確認したり、服薬指導や副作用についての説明などを行います。
現在、調剤薬局は、老若男女ほとんどの方が利用したことがあるのではないでしょうか。

 

患者さんは医師から処方箋を受け取り、調剤薬局で薬剤師に渡します。
その際、患者さんが現在服用している薬はないか、またこれまで重篤な副作用はなかったか、アレルギーの有無や妊娠などの確認を行います。
さらに処方箋の内容が患者さんに合っているかどうかの確認をして、万が一不審な点があれば医師に確認をします。
問題がなければ薬を調剤し、患者さんに薬についての説明をしてお渡しします。

 

この一連の作業の中でも、患者さんへの説明は非常に重要な業務です。
薬の用意ができ次第、患者さんにお渡ししますが、その際、薬剤師には説明責任があります。

 

・薬の効果
・用法
・用量
・考えられる副作用

 

万が一、説明が伝わらずに間違えた服用の仕方をした場合、予期しない副作用がある場合があります。
アレルギーや妊娠している人の服用で、重篤な副作用を引き起こし危険を伴うケースもあるということを忘れてはいけません。
このようなリスクを避けるためにも、薬剤師の説明は非常に重要なのです。
薬は正しく使うことで効果を得ることができます。
正しい薬の調剤はもちろんのことですが、そのことを正確に伝えることも調剤薬局の薬剤師として重要な業務と言えるでしょう。

調剤薬局の薬剤師の大変なこと

どんな仕事でも楽な仕事はありませんが、薬剤師にも同じことが言えるでしょう。
薬剤師にとって最も大変なことは、その緻密な作業です。
薬の調剤は、少しのミスも許されません。
医師の処方箋には医薬品が細かな単位で示され、少しの誤差が副作用を生んだり、場合によっては効果が薄れてしまうこともあります。
この数値を守って調剤し、寸分の狂いもなく処方することは、薬剤師の重責を感じるところでしょう。

 

また、休前日や流行りの病気がある時期などは、朝から晩まで患者さんが途切れることなく、非常に忙しくなります。
立ち仕事である調剤の仕事は、体力勝負という一面も持っています。
患者さんにはただ薬を渡せばいいというわけではないため、一人一人に丁寧な説明や服薬指導をしなければいけません。
説明や指導で大切なのは患者さんに理解してもらうということなので、正しく分かりやすい説明が必要です。
どんなに忙しいときでも、怠ってはいけない業務です。
薬は、場合によっては命に関わることもあり、飲み方を間違えるなど、説明が伝わっていないことが重大な状況を招くことにもなり兼ねません。
薬局を訪れる方のほとんどが薬に対して素人ですので、分かりやすい説明が必要ですね。

 

このように調剤薬剤師の仕事には常にプレッシャーが付き物です。
プレッシャーの中で業務を遂行するため、そのストレスも非常に大きなものでしょう。
ただし、大変だからこそ感じる達成感ややりがいもあるということですね。

 

ブランクのある薬剤師が復職しようとしたら…こうなった!

オススメコンテンツ

薬剤師@
薬剤師A