製薬会社の薬剤師

薬剤師の就職先に、製薬会社があります。
製薬会社の薬剤師には、医療の未来を担う研究職と、医薬情報担当者としての情報提供の仕事があります。

 

ガンが治る病気になり、難病の治療が可能となり、様々な病気が怖い病気でなくなった背景には、医学・薬学の目覚ましい発展があります。
現在、世界中で薬の研究が盛んに行われています。
効果の高い新薬の研究開発はたくさんの人を救い、製薬会社にとっても大きな利益に繋がります。
ですから多くの製薬会社で新薬の研究開発に力を注いでいるのです。

 

製薬会社の薬剤師は、薬の治験、臨床実験やデータ収集などに携わり、厚生労働省に新薬の承認申請書を作成して申請することもあります。
この仕事は医学界を左右するほど重要な業務で、同時に会社にとって責任重大な職務とも言えます。
ですから、製薬会社で研究職に就ける薬剤師には誰でもなれるというわけではなく、非常に成績優秀で学歴の高い人材だけだと言われています。

 

製薬会社では、ほかにもMRとして活躍する薬剤師がいます。
MRの業務は、自社の医薬品についての情報を医療機関や医師に提供することです。
そして、情報を提供した上で販売に繋げなければいけません。
単に『営業職』のように感じる方もいるようですが、実際に薬学大学を卒業して製薬会社でMRとして活躍する方は多くいます。
薬が一般の方の手元に届く最初の一歩は、製薬会社の薬剤師のお陰だと言えますね。

 

薬が開発され、新薬によって救われる命があり、その薬を届ける薬剤師がいる。
責任と同時に遣り甲斐のある仕事ではないでしょうか。

製薬会社の薬剤師のやりがい

製薬会社の薬剤師にスポットを当てて、『どんなときにやりがいを感じるか』についてお話ししましょう。

 

自社の医薬品に対する誇り

自社の医薬品が直接患者さんを救います。

 

医薬品業界の最前線での仕事

調剤薬局や病院、ドラッグストアなどで働く薬剤師とは違い、医薬品業界の最前線で仕事をすることができます。

 

治験の進行

製薬会社で行われる『開発された医薬品の治験』を進行する役目があります。

 

新薬の開発や認可

新たな医薬品を開発することやその医薬品が国に認可されたとき。

 

医師と信頼関係

MRの場合、医師との信頼関係を築くことで仕事をスムーズに勧めることができます。

 

製薬会社の薬剤師は、様々な部署への配属があります。
新薬の開発を希望していても営業職に回されることもありますし、連日の残業や休日出勤が辛いと感じることもあるでしょう。
やりがいのある仕事を持つということは、多くの困難を乗り越えることを後押しするでしょう。

製薬会社の薬剤師、やめたいと感じるとき

薬剤師になるためには、6年制の薬学大学を卒業後、国家資格を受験して合格しなければいけません。
その資格を持って、調剤薬局や病院、ドラッグストアなど、薬剤師の活躍の場は多岐に渡ります。
また、転職をすることによってスキルアップが期待できるのも薬剤師の特徴と言えるでしょう。
薬剤師に限っては、転職を繰り返すことで経験を積み、様々な職場で医薬品を扱うことでより薬剤師として成長することができるのです。

 

しかし、どんな仕事であっても楽な仕事はありません。
薬剤師もそれは同じです。
やりがいを感じられなくなって、仕事を辞めたいと感じることもあるでしょう。

 

ここでは、製薬会社の薬剤師にスポットを当てて、『どんなときに辞めたいと感じるのか』についてお話ししましょう。

 

認可がおりない

新薬の開発をしている場合、どんなにいい薬だと自信がある薬であっても、開発した新薬の認可がおりないことがあります。

 

医師の言いなり

MRの場合、どんなときでも医師の言いなりにならなければいけません。

 

治験

治験を行った際、思うような効果が出ないことがあります。

 

営業扱い

薬剤師として知識も経験もあるにも関わらず、営業職の扱いをされてしまうことがあります。

 

製薬会社の薬剤師は、医薬品が生まれ、世に出ていく瞬間を見る機会が多くありますが、その陰には世に出ていくことのなかった医薬品も数多くあります。
そこに携わる多くの人材の尽力があって、医薬品が世に出回っていることを忘れたくないですね。

 

ブランクのある薬剤師が復職しようとしたら…こうなった!

オススメコンテンツ

薬剤師@
薬剤師A