病院の薬剤師の重要な業務

薬剤師のイメージとして最も多いのは、調剤薬局の薬剤師のような窓口から薬を処方してくれる人ではないでしょうか。
薬剤師は病院にもいますが、ほとんどの方が外来患者に薬を処方する薬剤師を思いうかべるでしょう。
病院薬剤師が入院病棟にもいるということは、ご存知でしたか。

 

入院病棟がある病院には入院患者さんがいます。
大きな病院になれば、入院病棟も大きく、入院患者さんも多くなります。
総合病院では、内科・外科・産婦人科・神経外科など、様々な診療科があるので、治療のために入院する患者さんは数百人にもなる場合もあります。

 

病院薬剤師の仕事は多岐に渡り、このような入院患者さんの薬を管理し、服薬指導や説明をすることも業務のひとつです。
医師の処方箋に従って調剤したり、薬の在庫や発注などの管理、注射や点滴の薬剤や手術に使用する薬剤の管理など、たくさんの業務を多くの薬剤師がそれぞれの持ち場でになっています。

 

同じ薬剤師ではありますが、注射や点滴や手術など調剤薬局で扱う薬とは薬の種類が異なります。
また、入院患者さんの中には重篤な患者さんもいるため、やはり扱う薬が特殊なものの場合もあります。
どの薬も同様に慎重に扱わなければいけませんが、特に確認が必要な薬が多くあります。

 

ほかにも、病院薬剤師は24時間対応できるように夜勤や当直がある病院もあり、医療チームの一員として働いているという意識を持つ必要があります。
専門性の高い薬剤師という仕事ですが、チームの一員として患者さんの治療に尽力することも、病院薬剤師として重要な業務と言えるでしょう。

 

病院勤務の薬剤師のやりがい

病院勤務の薬剤師にスポットを当てて、『どんなときにやりがいを感じるか』についてお話ししましょう。

 

総合的なスキルアップ

調剤薬局やドラッグストアに比べて与えられる業務が多いので、総合的なスキルアップができます。

 

患者さんや医師や病院スタッフとの信頼関係

医師や病院スタッフと共に患者さんと関わり、信頼関係を築くことができます。

 

医療チームの一員としての存在感

医薬品のプロとして重責を担いつつ、医療チームの中での役割を果たします。

 

役に立つ情報提供

薬剤師として、自分が提供した情報が治療の役に立ったとき。

 

患者さんの感謝

自分の仕事を遂行することで、患者さんやそのご家族の方から感謝されます。

 

病院勤務の薬剤師は、服薬指導などの際に患者さんとのコミュニケーションを取りますが、調剤薬局やドラッグストアに比べて患者さんと深い関わりを持つ機会が多くあります。
また、知識や経験などを活かす場が多く、医師や病院スタッフと共に患者さんの治療に当たることで、役立っていることを実感することも多いでしょう。

病院勤務の薬剤師、やめたいと感じるとき

薬剤師に限っては、転職を繰り返すことで経験を積み、様々な職場で医薬品を扱うことでより薬剤師として成長することができます。

 

しかし、どんな仕事であっても楽な仕事はありません。
薬剤師もそれは同じです。
やりがいを感じられなくなって、仕事を辞めたいと感じることもあるでしょう。

 

ここでは、病院勤務の薬剤師にスポットを当てて、『どんなときに辞めたいと感じるのか』についてお話ししましょう。

 

知識経験不足

患者さんや医師から医薬品についての問い合わせや質問を受けたとき、自分の知識や経験で答えることができなかったとき。

 

意見の不一致

病院はチーム医療ですが、自分の意見が医師や看護師などと一致しなかったとき。

 

家庭との両立

病院では薬剤師も夜勤や当直がある場合があり、家庭との両立が困難なとき。

 

病院勤務の意味がない

病院であっても外来の調剤が持ち場である場合、業務内容が調剤薬局と同じであると感じたとき。

 

患者さんのわがまま

いろいろな患者さんがいる中で、ワガママばかりで無茶な要求ばかりをする患者さんに当たったとき。

 

病院勤務の薬剤師は様々な部署での活躍が期待でき、その分大変な業務も多いと言えるでしょう。

 

ブランクのある薬剤師が復職しようとしたら…こうなった!

オススメコンテンツ

薬剤師@
薬剤師A