薬剤師の仕事、スポーツファーマシスト

スポーツファーマシストは、2009年より開始された新しい資格です。
主な仕事はドーピングの防止となっています。

 

ドーピングとは、薬物を不正な使用により精神や肉体の強化を図り、それを隠ぺいすることを指します。
スポーツのフェアプレー精神に反するものとして、スポーツ界全体において禁止となっています。
ドーピングには、確信犯的に禁止されている薬の使用をする場合と間違えて使用してしまう場合があり、日本ではうっかり間違えて摂取していたドーピングのパターンが多いようです。

 

医薬品には、医療機関で処方されるもの以外にも、薬局やドラッグストアで簡単に手に入る市販薬やサプリメント、栄養剤などがあります。
それらの手軽に入手できる医薬品の中にも、禁止物質が含まれているものはあります。
こうした知識は一般的に得ることが難しいため、ここで薬剤師が活躍します。
禁止物質は常に内容が変化しますので、スポーツ選手はその都度知る必要があります。
ドーピングを防止するために、トップレベルの競技者や指導者などへ向けの情報提供や啓発活動などを行っています。
スポーツファーマシストの仕事には、ほかにも学校教育で薬の正しい使用法を教えたり、ドーピング防止教育啓発活動で講演会の講師を務めたりします。
また、スポーツをする中高年のケアや薬と健康についてのアドバイスをすることも仕事の中に含まれています。

 

まだ歴史の浅い資格ではありますが、世界で活躍するスポーツ選手をドーピングから守る、非常にやりがいのある仕事です。
スポーツファーマシストを薬剤師の活躍の場として認識し、目指してみませんか。

スポーツファーマシストになるには

スポーツファーマシストは、常に新しいドーピングに関する情報をスポーツ選手や指導者に提供し、ドーピングを防止することが主な仕事です。

 

では、スポーツファーマシストになるには、どうしたらいいのでしょう。
第一に、薬剤師の資格を持っていることが大前提です。
そして、基礎講習会と実務講習会を受講し、知識到達度確認試験で一定レベルの成績を修めなければいけません。
認定証は日本アンチ・ドーピング機構から発行されます。

 

薬の知識に関しては薬学部で学ぶレベルに比べて易しいものとなっていますが、ドーピングに関する制度や法律や申請方法などの知識も必要になります。
ただし、スポーツファーマシストの資格には認定機関があり、認定証の発行日から4年間と定められています。
資格の維持には、都道府県の開催する実務講習会を毎年受講する必要があります。

 

認定者数は年々増加していますが、実際に活動してる人材は資格保有者より少ない現状があります。
実際の活躍の仕方としては、薬剤師として働きながら専門性を高めて、患者さんのアドバイスに役立てるスポーツファーマシストが多いようです。

 

ブランクのある薬剤師が復職しようとしたら…こうなった!

オススメコンテンツ

薬剤師@
薬剤師A