薬剤師は医薬品のプロ

様々な職場で活躍する薬剤師は、医薬品のプロです。
病気やケガ、体調を整えるための薬を研究し、患者に対して薬の調合したり販売したりすることが主な仕事です。

 

よく知られている薬剤師の職場に調剤薬局があります。
医師の処方箋に従って正しく薬を調合することを『調剤』と言い、この調剤が調剤薬局の薬剤師の業務となります。
調剤の際には、医師の指示が患者に合っているか、問題はないかなどの確認も必要です。
医師と薬剤師のダブルの確認で、より確実な薬の処方を行い医療ミスを未然に防止します。
また、医薬品は薬剤師による手渡しとなりますので、最終チェックまで薬剤師の目が行き届く仕組みとなっています。

 

また、病院で働く薬剤師は、医師や病院スタッフなどと一つの医療チームとなり、たくさんの入院患者に対応します。
病院薬剤師の場合、注射や点滴の医薬品の管理などの業務もあり、薬全般のプロとして責任を担っています。

 

薬剤師は、医師の指示に従った薬の処方をする一方で、服薬指導や副作用などの説明も行います。
患者が分かりやすいようにお話しをし、医師と患者のかけ橋のような役目もあるのです。

 

そして薬の研究開発をして、世に医薬品を送り出すのも薬剤師の仕事です。
製薬会社では、たくさんの薬剤師が研究開発に携わっています。

 

薬剤師にとって、薬のプロとしてさまざまな場面で活躍する中で、患者が安心して薬を服用し、薬の効果を最大限に発揮し、副作用で苦しむことのないよう、配慮することも大切な仕事です。
薬剤師は、患者や医師との信頼関係を構築していく必要があります。

薬剤師の役割とジェネリック医薬品

ジェネリック医薬品とは、新薬を先発品として特許期間を過ぎたら製造販売される同じ有効成分を使った医薬品のことです。
新薬として販売した製薬会社と違う製薬会社が、先発品と同様の有効成分と効果を持つ医薬品を製造販売したのがジェネリック医薬品です。
新薬の研究開発にはお金がかかり、特許申請にも特許料がかかります。
その費用をかけずに製造販売することができるジェネリック医薬品は、先発品の20〜80%安く製造することができるため、販売価格も半値程度になります。
そのため医療費の削減と抑制になることが期待でき、推奨されているのです。

 

医薬品には一般的に商品名と有効成分名があります。
有効成分名は世界共通で、欧米では後発医薬品を有効成分名で処方することが多いため、日本でもジェネリック医薬品と呼ぶようになったのです。
欧米ではむしろジェネリック医薬品のほうが多く利用されており、その点において日本ではまだまだ普及率が低いようです。
そこで医療費の削減抑制を目当てに、政府ではジェネリック医薬品の普及に力を入れています。
現在は、先発品しかない医薬品や、医師の判断、患者さんの希望などで先発品を選択する場合もありますが、それ以外ではジェネリック医薬品が処方される体制になっています。

 

薬剤師の役割として、医薬品にかかる費用が安いという点において患者さんの負担を軽減する利点と、合わせて有効成分は先発品と同様であることを伝える必要があります。
また、有効成分は同様であっても製法や添加剤の違いはあるため、先発品と全く同じではないということも伝えなければいけません。

 

選択するのは薬を服用する患者さんです。
あくまでも無理強いせずに丁寧な説明をして、患者さんの選択に応じる必要があります。

 

ブランクのある薬剤師が復職しようとしたら…こうなった!

オススメコンテンツ

薬剤師@
薬剤師A